おばあさんの猫ももが天国へ

おばあさんのところで一番高齢だと思われるもも(20歳以上)が昨日 保護の小屋で亡くなりました。

 

歳をとった老猫はあづかりボランティアさんのおうちで体調を整えていました。

でも、どんどん元気が亡くなってきて

ほかの子を探していました。探して・・・どんどん元気がなくなっていくももを

小屋は少し寒いけど、電気ストーブもあるし

ほかの子達と一緒にいられる環境にいれました。

 

やっと落ち着いてきたかと思っていたのに・・・・・

 

考えてしまいます。あのままおばあさんの家にいたら・・・・

(そんあことはありえないのだけれど)普通のお宅で飼われていたら

考えても考えても答えはでません。

 

ただただ思うことは

沢山の猫とおばあさんとくらしてきた、ももちゃん

ずっとおばあさんと暮らしてきた。きっとおばあさんを守ってきたんだね。

 

そして電話で、おばあさんが回復に向かっていることを聞きました。

 

今はただ冥福をいのります。

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    にゃんた (月曜日, 03 2月 2014 13:15)

    ももちゃん、長い間お疲れ様。よく頑張ったね。虹の橋の向こうで美味しいもの沢山食べてあったかいコタツの中でぬくぬく身体伸ばしてお昼寝してね。

    他の猫達に必要なものは、当面フードだけでしょうか?たくさんの事は出来ませんが、何かあればブログで要請お願いします。

  • #2

    わーぷ猫部 (土曜日, 08 2月 2014 00:42)

    にゃんたさん、有難うございます。
    ももは最期もいつも一緒だった猫たちと一緒でした。
    でも、おばあさんの元が一番だったに違いありません。
    あと少しだったのに悔しい。

    こんなことが繰り返されないようニャン友と啓発し続けたいと思います。高齢者でも心の支えとなる猫と最後まで暮らせる世の中に・・・

    寄贈のお申し出有難うございます。ブログで呼びかけさせていただきます。

  • #3

    わーぷ猫部 (金曜日, 07 3月 2014 21:32)

    にゃんたさん、沢山の、本当に沢山の支援物資を有難うございますTT

    有難く使わせていただきますね。。。

    おばあさんの猫残り5匹に新しい飼い主を探せるようみんにゃくじけず譲渡会頑張ります。高齢ちょんたは、なんだか若返って、里親探し諦めていたのをネットでの応募を視野に入れています。